ダイエットに挑戦!ホットヨガスタジオ6選

Home > ホットヨガダイエットについて > ホットヨガを家で実施するためのポイント

ホットヨガを家で実施するためのポイント

 ホットヨガについては異なるヨガと違い、スタジオのみでしかできないと考えている人も少なくありません。
室温及び湿度がなければホットヨガになりません。
ですので、そう思えるかもしれませんが、周辺環境のみ整えば家でも可能といえます。
ただし留意しなければいけないポイントがあります。
ホットヨガの周辺環境はどう作るのかがポイントです。
ホットヨガスタジオに関しては温度37から40℃、湿度60パーセントくらいに保持されています。
こうした室温及び湿度のみ作れれば、家でもホットヨガに取り組むことが可能です。
夏のシーズンであれば室内温度が40℃こともあり得ます。
従って窓を閉め切れば温度は容易に乗り越えます。
冬に関しては暖房温度を高く上げる、暖房器具を増やすことにより可能です。
湿度は加湿器を活用するのが良いですが、部屋の大きさによりましては1つで十分でないかもしれません。

 家でホットヨガに取り組むための周辺環境を準備するのであれば、小さな規模の部屋でするのが良いです。
しかしながら、ワンルームのケースでは困難かもしれません。
非常に広い部屋ではしっかりと室温並びに湿度が上がらなかったり、家で周辺環境を構築するのは大変かもしれません。
家で最も簡単に室温と湿度が準備することができる場所があります。
それは風呂といえます。
温度や湿度についても問題ありません。
湯船につかりつつも出来る様なポーズでしたら、一層身体が温まりポーズが取り易くなると言えますので、実際に実践している人も少なくありません。
風呂の電気を消しキャンドルを灯したり、或いは湯船に趣味に合っているアロマオイルを入れたりするとなお一層リラックスすることができます。

 周辺環境が作れれば、ダイエットに効果的なホットヨガは家でもできますが、注意すべき点もありますので気に留めることが必要です。
まず熱中症に注意しましょう。
スタジオとは異なりヨガを行っている間は室温及び湿度の管理が不可能です。
気付かない内に熱中症になることもありますので、水分をしっかりと確保しながら短い時間で実施すると良いでしょう。
風呂で実行する場合も、水分を持ち込んで実践するといいでしょう。
また、カビに注意することも重要です。
湿度を上昇させますのでカビの要因になります。
ヨガが済んだら換気を行ったり、除湿機を活用するなどして湿度を溜めないことが重要になります。
カビについてはコンディション不良がもたらされる原因にもなりますので、留意することが大切です。

次の記事へ

TOPへ戻る