ダイエットに挑戦!ホットヨガスタジオ6選

Home > ホットヨガダイエットについて > ホットヨガを行った日の効率的な食事

ホットヨガを行った日の効率的な食事

 ダイエット等に効果的といわれるホットヨガをスタートする時に疑問点を感じることや気掛かりになることがあると考えられますが、それらのひとつに食事のことが存在します。
ホットヨガの前後につきましては、食事を行なわないようにと聞かされたことがあるけれど、どの程度の時間を開けると一番いい選択なのか、どういった献立が最も良いのかなど、迷い始めると安心できなくなってきます。
したがって、ホットヨガ前後の食事に関して、条件の良い時間及びおすすめできる食材もしくは献立について、しっかりと理解することは非常に重要になります。
具体的には、ホットヨガに関して空腹の状態で行うのが効果的といわれていますが、そうはいっても食事を抜くと健康の上で良いとは言えませんので、気をつける必要があります。

 ホットヨガ前の食事時間に関してですが、 レッスンの2時間前に終わらせることが重要になります。
胃の中において食物がありますと、消化の為に胃の活動が活発化されます。
こうした時胃のほうに血液がたくさん集まります。
ですので、その状態でホットヨガを行なってしまうと身体全体に血液が渡りづらくなりますし、胃にもしっかりと血液が集まりづらくなり消化不良をもたらすことも想定されます。
それから、 献立に関してはとりわけ制限はありません。
2時間前までに終わらせると、ほぼ消化されます。
ですので、胃に対して負荷をかけることなくレッスンが受けられます。
しかしながら、会社帰りなど夜間のレッスンにつきましては、昼食から夕食に至るまでの時間が空きすぎますし、空腹の状況が非常に長くなるためおにぎりひとつ程の食事を行ないましょう。

 レッスンをした後の食事は、いくらか気を使う必要があります。
とりわけ減量目的でホットヨガに足を運ぶケースでは尚更といえます。
レッスンした後の2時間は食事を回避するようにしましょう。
ホットヨガをしている間は身体を動かし発汗するため、細胞自体は飢餓状態にあります。
そういったときに食物を入れることになると、普段以上に吸収される率が高くなることから、水分を少々多く飲用して細胞の疲れがなくなってから食事を摂ることが必要です。
献立は幾分軽めのものが推奨できます。
とりわけ夜間のレッスンでは眠るまで時間が少ないことから、消化の良いものが賢明でしょう。
運動した後はハイクオリティーなたんぱく質が推奨できます。
ササミ、あるいは豆腐などの大豆製品、野菜が良いです。

TOPへ戻る